クライシスコア FF7 & FFEX 攻略ガイドwiki [クライシス コア -ファイナルファンタジーVII- 攻略サイト] 攻略 wiki

- キャラクター紹介 -


トップページ > キャラクター紹介



ザックス・フェア

CC-Zack-Render.png
" ありえない、そんなことする男じゃない! アンジールは、俺を裏切ったりはしない!"


今作の主人公、クラウドの「友達」であり神羅カンパニーのソルジャークラス2ndに属する。
FF7及びFF7ACの主人公であるクラウドとは正反対とも言えるであろう明るく陽気な性格で、思いついたら即行動するバイタリティーにあふれる。
「FF7」から5年前、ニブルヘイム事件後クラウドと共に神羅屋敷から逃げ出しミッドガルへ向かう途中射殺される。
魔晄中毒だったクラウドの人格形成の元であったり元エアリスの交際相手であったりなど、重要な人物である割に登場シーンが少ない事で有名。
今作で明かされたフルネーム「ザックス・フェア」の「Fair(フェア)」とは「快晴」の意味。
明るく活発な性格を現すだけではなく「Cloud(クラウド)」と対照となるように、という意味合いも含まれている。

同じソルジャークラス1stに属していたセフィロスとはアンジールを通して知り合った様子?(知り合う前から「英雄」として知れ渡っていたセフィロスのことは知っていた)
アンジールは彼にとって「先輩」にあたる人物の様子。
物語が進むと、アンジールがラザードにザックスをソルジャークラス1stに推薦、これによってザックスは1stに昇進する。
物語序盤では「BCFF7」以降クラウドの手に渡ることとなるバスターソードを装備しておらず、ごくごく普通の剣を背負っている。
前々からアンジールが持っていたバスターソードに興味を持っていた?
FF7の回想シーンで登場するザックスの頬には十字の傷があるが、今作(ソルジャー時代)のザックスにはその傷はない(ただしクラウドと共に神羅屋敷を脱走しミッドガルに向かう途中のトラックでのシーンでは既に傷跡がついている様子)、今回はその経緯についても描かれる。


アンジール・ヒューレー

chara02.jpg
" ザックス、俺と一緒に戦え 敵は、世を苦しめる者全てだ"


シリーズ初登場の人物、ソルジャークラス1stに属する実力者、同じ1stに属するセフィロスとジェネシスとも仲が良い。
ラザードにザックスをソルジャー1stに推薦する。
後にザックスからクラウドに手渡されることになるバスターソードの元々の所持者。
常にバスターソードを背負う姿が見られるが実際に使用する姿は滅多に見られない、ジェネシスと共にセフィロスと戦うシーンも公開されているがその際も使用していない、本人は「傷つき汚れるのが嫌だから」「貧乏性なんだ」などと言っているが…?
一度だけ、ウータイでの作戦中、ザックスを助けるためアンジールがバスターソードを使うシーンがあるようだ、その他にバスターソードを使うシーンは今のところ公開されていない。
背中に天使のような純白の片翼を持つ、今のところ確認されている「片翼」を持つ人物はセフィロス(FF7AC登場時)とジェネシス(DCFF7の隠しエンディング)の二人、ただし白い翼を持つのはアンジールのみで、セフィロスとジェネシスの「片翼」はどちらも黒い。
「アンジール(ANGEAL)」という名前も「白い翼」、つまり「天使(ANGEL)」を意味すると思われる。
親友であるはずのセフィロスに「裏切り者」と呼ばれるシーンも。
真面目でストイックな性格、「夢」「希望」「心構え」など、自分を律したり、未来に希望を持とうとするような話をよく話す。
無口で多くを語らない、そのためザックスにとっては謎の多い人物らしい。
FF7シリーズに登場していない事から、「CRISIS CORE」のストーリー中で死亡、もしくは失踪してしまうと思われる…?


セフィロス

429_15436_Crisis_Core___Final_Fantasy_VII.jpg
" アンジールも裏切り者になったということだ"


「FF7」でクラウド達に倒された元ソルジャークラスクラス1st.の実力者。
かつて「最高のソルジャー」として英雄と呼ばれていたが自分の出生の秘密を知り豹変、人類を憎み星の敵となる。
ニブルヘイム事件を起こした張本人であり、クラウドの心に深い傷を刻み付けた。
KINGDOM HEARTS IIでは「クラウド自身の闇」という設定で登場する。


同じソルジャー1st.に所属するアンジールとジェネシスとは前々から親友関係だった様子
FF7シリーズでは悪役として登場することが多いが、今作では過去の彼の人間らしい面も垣間見ることができる
失踪したジェネシスの「調査」をラザードから言い渡されるが任務を拒否、この任務はザックスとツォンに任されることとなる(セフィロスへの任務=一刻も早い回収または破壊を意味する)
アンジールとジェネシスを「裏切り者」と呼ぶシーンや、二人と戦うシーンも公開されているが…?


ジェネシス・ラプソードス

429_15434_Crisis_Core___Final_Fantasy_VII.jpg
" よぉ、相棒  結構、ついにこころを決めたというわけだ 幼馴染の意見は尊重しよう  しかし、  ‥・そっちの世界で生きていけるのか?"


DCFF7で初登場した歌手Gacktがモデルとなり、更に彼が声優を務めた人物。
Gレポートを見るとDCFF7のスタッフが彼を「序章」と称していた通り、今作とかなり関わりが深いであろう事が伺える。
特に、レポート内に書かれた「何年か前に1stランクのソルジャーが極秘任務を受けGを追った」という記述の「1stランクのソルジャー」とはセフィロス、またはザックスのこと(セフィロスは任務を言い渡されるが拒否、その後1.stになったザックスとツォンが調査に向かう)
DCFF7では「G」と呼ばれていたが、今作を通じて「ジェネシス」という名前であることが判明。
「Genesis(ジェネシス)」とは元々はラテン語で、「創世記」「創世神」などの意味を持つ。
彼はFF7シリーズの物語の「始まり」に関係しているのではないだろうか。


アンジールやセフィロスと同じくソルジャークラス1.stに所属。
アンジールとは幼い頃からの仲で、セフィロスとは神羅所属後に出会ったと思われる。
後にウータイでの任務中に突然姿を消す、以来連絡もなく行方不明に。
セフィロスは失踪したジェネシスの「調査」をラザードから言い渡されるが任務を拒否、この任務はザックスとツォンに任されることとなる。
(セフィロスへの任務=一刻も早い回収または破壊を意味する)
元々は農家出身、失踪後ザックス達が訪れる前に一度実家に戻った?
ジェネシスの言う「二人」というのは、まだ公開されていない新たな人物らしい?
元神羅の科学者ホランダーと手を組んでいる?



CCの最後では、ラザードは劣化によりライフストリームへ帰るも、
ジェネシスはヴァイスやネロ達に連れさられる。


クラウド・ストライフ

screenshot017.jpg
「FF7」とその2年後「FF7 ADVENT CHILDREN」の主人公、主人公としてではないものの「BEFORE CRISIS」「DIRGE of CERBERUS」でも重要なキャラクターとして登場。
SQUARE ENIX PARTY 05で放映された映像の中では、一般神羅兵時代の彼が登場。


エアリス・ゲインズブール

" 上の町に行ったら 空、近いんだよね お花たち、よろこぶ"


星と会話し星を育てる力を持つ古代種「セトラの民」の唯一の生き残りで、ザックスの元交際相手。
「FF7」序盤でクラウドと出会い自分の宿命について知るため共に旅に出るが、その宿命ゆえに悲劇的な最後を迎える。


FF7ACでは、「彼女を守る事ができなかった」という罪の意識に悩むクラウドの事を案ずる彼女の姿が描かれている。
ちなみに今回のエアリスの服装はBCFF7と同じ。



トップページ > キャラクター紹介